第45回南関東地区プロ自転車競技大会

地区プロ自転車競技大会(通称:地区プロ)は競輪選手がいつもの競輪という競技ではなく、タイムトライアルやチームパシュート、チームスプリント、エリミネイションやスプリントなどさまざまな自転車競技を戦うイベント。通常の競輪のように賭けることはできない大会です。
このイベントで勝ったり上位入賞すると、競輪のG1というカテゴリーのレースへの出場権が得られたり、来年5月頃に行われる全プロという全国大会に出場可能。ということで、競輪選手の皆さんも気合いが入る試合だそうです。
今回はEVERFiT RUDERZに加盟している競輪選手の皆さんがEVERFiTジャージを着て走ってくれるとのことで、応援と写真撮影に。

チームスプリント。
3人チームでスタートし、1周ごとに先頭の選手が抜けて最後の選手がゴールするまでのタイムで競う競技。

この日のために練習積んできたそうです。
伊勢崎彰大選手山本健也選手山中秀将選手の3選手。

スクリーンショット 2018-10-25 16.19.14




スクリーンショット 2018-10-25 16.19.36

スクリーンショット 2018-10-25 16.19.48

スクリーンショット 2018-10-25 16.20.06

先頭伊勢崎選手。このエアロフォーム。弾丸。
ゼロスタートの200mでは未だ若手に負けたことないって話です。
RUDERZカップでのピストでのスタートに関するレクチャーは目からウロコでした。

スクリーンショット 2018-10-25 16.20.15

スタートで勢い、スピードを乗せる伊勢崎選手。

スクリーンショット 2018-10-25 16.20.27

スクリーンショット 2018-10-25 16.20.37

スクリーンショット 2018-10-25 16.20.48

ここから山中 秀将選手が前を。速い選手は絵になります!

スクリーンショット 2018-10-25 16.20.58

スクリーンショット 2018-10-25 16.21.06

かっこいい!スピードもヤバいです。

スクリーンショット 2018-10-25 16.21.18

スクリーンショット 2018-10-25 16.21.31

最後は山本健也選手!
出し切ります!


スクリーンショット 2018-10-25 16.21.45

スクリーンショット 2018-10-25 16.21.55

スクリーンショット 2018-10-25 16.22.06

スクリーンショット 2018-10-25 16.22.13

千葉と神奈川、静岡の3県の競輪選手が集まるイベントで、チームスプリントは代表3名、3チームが争う。
1位だけにG1出場権と全プロ出場権が与えられる決まり。
これまでは神奈川県勢が強く5年連続で勝利に手が届かなかったそうです。
それが今回は優勝できたとのことで、大喜び!私も応援に来た甲斐がありました。

スクリーンショット 2018-10-25 16.53.12


スクリーンショット 2018-10-25 16.53.00
写真はピンボケしちゃったけど、5年越しの勝利を喜ぶ選手!
やっぱ自転車競技って最高ですね!

続いてエリミネイション決勝。

こちらは筑波8耐にもお付き合い頂いた太刀川一成選手!
昨年優勝のディフェンディングチャンピオンとして出走!
スクリーンショット 2018-10-25 16.24.28


スクリーンショット 2018-10-25 16.24.45



スクリーンショット 2018-10-25 16.25.04


エリミネイションは位置取りをちょっと間違うとアウトになる怖ーい競技。

スクリーンショット 2018-10-25 16.25.16

太刀川選手は危なげなく周回を重ねます。
その上、バンク内側を走ってくれるので写真撮りやすい笑

スクリーンショット 2018-10-25 16.25.50

あっという間に人数は減っていき最後の勝負。
最後、前で牽く形になり、力業で勝てそうな感じでしたが惜しくも刺されて2位
でも、この競技は3位まで全プロ出場権が得られるとのこと。めでたしめでたし。

スクリーンショット 2018-10-25 16.26.26

終わった後、脚が痛くて、しばらく起き上がれないほど頑張った太刀川選手。
過酷な競技ですね。

他にも根田選手もケイリンで勝利!
プロの戦場、地区プロでもEVERFiT RUDERZ大暴れでした!


競輪では千葉、神奈川、静岡の3県を合わせて南関東、南関、NANKANっていうらしいです。
普段の競輪ではこの3県の所属選手は仲間っていう括りで、他の地域の選手と戦うチーム戦を展開するんですね。
地区プロでも南関はレベルが高いらしく、南関の地区プロから勝ち上がったチームは全プロで入賞以上の成績を収めることがよくあるそうです。
来春、愛媛県松山市は遠いけど、応援行きたいな!

地区プロの写真や動画はこちらに集めました。

http://nankin-pro.blog.jp
URLがね、南関のnankanにしたつもりがミスタイプでnankinで取っちゃったのは内緒笑 

 

筑波8耐2018秋 総合1−2−4、AM3位

いろいろ忙しくてブログ書くのが遅くなってしまいました。
でも、みんなの健闘を記録しないとね。


リザルト 
総合 1−2−4フィニッシュ
AMクラス 3位
タイムトライアル1位、3位、5位、6位

EVERFiTチームとしては3回目の参戦。
総合狙い3チーム、AM狙い1チーム、選手総勢17名。

私が選手集め、チーム組みをしていた際は、総合狙いのチームで走るには3分間400w以上というような目安を設けていましたが、その結果、夏の8耐は2以下に4LAPというたぶん筑波8耐史上に残る大差で総合1−2フィニッシュ。
それはもう大変、喜ばしい結果にはなったものの・・・
ピットは暇な上に、ハラハラドキドキ感がなく・・・
通常、筑波8耐は他チームとピットのタイミングを合わせるために他チームの動向を探ったり、ラップタイムや集団とのタイム差を測り、順位表示モニターに交代で張り付いて状況をピットに伝えて作戦を考えてなどなど忙しい限りですが、そのような仕事の重要性が薄れるほどの大差。

そんな訳で秋はチーム組みから作戦までT屋選手兼監督にお任せし、準備関係もT嶋くんにお任せ。
私は気楽に写真と観戦に専念。
今回はコースに入って撮影する許可も頂いたので、レースを間近に見られてとても良かった。
選手も今回は多めで、総合狙いチームの参加資格はスーパーサイヤ人に限らず、ハードルも多少下げ、作戦その他でそこはカバーする方針にしたようです。
結果的に他チームと夏が4LAP、秋が1LAP差でしたが、夏の参加チームのレベルが低かったということではなく、夏の2チームはガチ精鋭オンリーだったというのが実際のところ。

まずはスタート時にフロントローからスタートする権利を獲得するためのタイムトライアル。
夏のリザルトは総合1−2−5。プライオリティスタートの権利を3つ獲ってるので、3チームは前のほうでスタートする権利があるんですね。
だから無駄脚を使うことになるから無理に走らなくて良いのですが、やっぱスーパーサイヤ人たちは走りたい本能があるみたい。

結果、1位、3位、5位。
IMG_0487

1位 I狩くん 
2分36秒382
驚愕の2分36秒台。集団でも2分37秒台あたりがファーステストラップなのに、単独のゼロスタートで2分36秒。バイクもディープリムこそ履いているものの、エアロフレームでも何でもなく。
夏2分37秒台をたたき出したT嶋くん、今回はレースのディレクターみたいな仕事もあったのでタイムトライアルは走りませんでしたが、来年はこのタイムが目標ですね。

3位 監督兼選手のT屋さん
2分40秒360
安定のスーパーオヤジ。

5位 I倉くん
2分45秒314
ちょっと前までお父さんと一緒にロングの練習に来ていた頃は可愛い少年だったのに、こんなやばい人に成長してしまって。

6位 Hやしくん
2分46秒051
元柔道国体選手のHやしくんはまだ自転車始めて1年くらいなのに、もうスーパーサイヤ人の仲間入り。

スタート前のミーティング。
監督兼選手のT屋さんより作戦説明、K先生より諸注意等。

IMG_0491

私も一言求められたので、何より安全第一。
仲間内でも車間広め安全マージン多めで落車だけ気をつけるようにお願い。

aIMG_0500

スターターはI原くん、T屋さんと、I倉くん、そして

IMG_1745

G山くん。
EVERFiTのチームで走るのに、何で彼だけジャージが違う?という疑問を持つ方もいると思うので説明しておくと、G山くんはRX所属なので、自転車レースに出るときはRXジャージというような決まりのようなものがあるらしい。
G山くんもEVERFiTジャージ着られない分は脚でカバーする気満々?
店のスタッフでお店のイベントみたいなものなのにEVERFiTジャージ着ないんかい!ってツッコミしたくなるところですが、まぁチームメイト、仲間は大事ですし、彼は仕事でも超絶高い持久力、パフォーマンスを発揮するので何も言えません笑


aIMG_1750

で、スタート。

IMG_0652

このあたりの写真はCOW GUMMAの方から回して頂きました。

IMG_0651
素晴らしく良い写真ですね!
IMG_0650

このときの4人は後ろの集団すべてを置き去りにする気で踏んでます。

昨年秋、今年夏とスタートから全開で走る作戦でした。

そろそろというか、とっくに他のチームもEVERFiTチームの走り方は学習しているはずだから、第1走に強い選手充ててくるはず。

2走目以降の予想できないタイミングでTTT開始する作戦もあると思うんですが、やっぱ今回も最初から全力だそうです。

そのほうがレース序盤の先頭集団が大きくならず、レース全体の安全にも良いというのがT屋監督の判断のようです。素晴らしい。

aIMG_1770

aIMG_1778

この黄色いシューズとグローブのT屋選手兼監督が、今年の秋も筑波8耐総合争いのゲームメイクをしたと言っても過言ではないかな。

aIMG_1785

仲間は千切れない微妙なコントロールをしているようです。

IMG_2293

K藤くん、I狩くん、Hやし君の組。
この組み合わせではK藤くんは猛獣使い?としてトレインがバラバラにならないように若者をコントロールしていたらしい。

I狩くん、その強さは一緒に走るメンバーには罰ゲームという噂。
タイムトライアルもさることながら、巡航能力もずば抜けてます。
機会があればI原くんと組ませたら面白そう。

Hやしくん、まだロード歴1年なのにスーパーサイヤ人。
元々柔道の国体選手なんでパワーは折り紙付き。
ベンチプレス160kgとか・・一般人なら肩甲骨粉砕骨折もんです。
3分程度の全力では驚くべきパワー。
今後、ペダリングやスキル、持久系もそこそこ頑張れば自転車の国体も十分狙えると思う。

IMG_2392



IMG_3562



IMG_2014

K堀くん、O野くん、シゲルさん!
K堀くんとO野くんはJ大自転車競技部。
K堀くんは学連クラス3で逃げて、落車して、その上で勝って昇格したばかりの伸び盛り。
O野くんはK堀君の先輩で羨ましいほどのイケメン、自転車はロードではなくトラック班なんですが、良い練習になるということで夏に続いて秋の筑波8耐も参加。ロードもちょー強いです。
シゲルさんは昔からの知り合いで誘ったら参加してくれた!
千葉から東京までジテツーしてるヘンタイさんで、私が自転車始めた頃から強くて知られた方。

IMG_2295

IMG_2272

IMG_2369

IMG_2387

I狩くん、先頭牽いてる姿がプロっぽいだけじゃなく、スピードもそのレベル。

K藤くんのコントロールが効いているのか、凄く速いのにずっと3人パックできれいに走っているので写真が多い。

IMG_3525

今回T屋さんはAMカテゴリーのチームに入りつつ総合の監督。

IMG_1874

こちらはI原くん、G山くん、T屋さん、I倉くんのTTT。


IMG_2319

IMG_2399


スクリーンショット 2018-10-13 22.22.21

I原くんと走るのはもてぎ7時間ソロを制したこともあるG山くんでも罰ゲームになるそうです。

IMG_2486


確かにピットに戻ってきたときのG山くんは、そりゃもう見たことがないくらい汗だくで痩せ細ってましたw

IMG_3562



IMG_3458


IMG_2610

T嶋くん、今回はT刀川さん、I川くんと走る。
この3人の写真は少なめなんですよね。やっぱ先頭を3−4人で固まって走ってると写真多くなるんですけど。
I川くんはちょっと調子が良くなかったみたいで。

IMG_2441
I川くんとT刀川選手。他のパックよりも離れて走ってることが多かったので写真少なめ。

まとまって集団の先頭を牽いていたり、自分たちだけで独走していると写真撮りやすいんですけどね。

特にT刀川選手、今回は着替えのため前半は違うジャージだったので。

IMG_2654
出し切りました。T嶋くん


IMG_2668

前半のT刀川選手!
夏の筑波8耐に出場してから本業の競輪でも調子が上がって勝ちまくり!
良い刺激になったそうです。
筑波8耐は規則書に「プロでもアマでも参加OK」と明記されている大会なので、そのうち競輪選手だけのチームも作れたらなぁ。
実際のところ競輪選手は1分弱の勝負に生活をかけているので、1走あたり30分間とか長すぎ。
陸上100mの選手がマラソンで勝てる訳ないのと同じ。
8時間耐久とかジョーク以外の何者でもない感じ。
持久力方面をあまり鍛えると体質に影響して短時間のパフォーマンスは落ちたりすることもあるようですので、そこは難しいところ。
なのでほとんどの競輪選手はこういう種類のレースは途中で千切れちゃうと思いますが、T刀川選手は地脚系なんでロードも強いんですよねぇ。
























IMG_0592


今回はI倉くんが敢闘賞。
総合は4位になったチームは一時は先頭集団から後れて10位近くまで沈んだものの、I倉くんの力走で一時は3位まで上昇。総合狙いは4人X3チームでひとり4回づつ出走だったんですが、I倉くんのみ5回走ったんですね。それも、I倉くんのチームが1−2チームから遅れる場面が度々あったので、それを回復するために脚を使いすぎたこと。そしてピットが手薄であったこと、そして何より独走が続いたので選手たちに無線機があったのに持たせなかった場面が多かったことなどがあり結果4位になっちゃいました。

こんだけ勝ったら、もうエントリー拒否されるとか、もうEVERFiTは来ないんじゃないかとかいう噂もああるようですが、以前のホンダさんの1−2−3−4だっけ。そんな例もありますしね。
少なくとも1−2−3は・・・
でも今後の予定は未定です。


K先生、E本さん、F崎さん、Y澤ドクター、T屋選手兼監督によるオヤジチーム!
こちらもAM3位!
ものすごい練習熱心な皆さんの集まりなので、次は表彰台真ん中狙えると思う!

xeL%06GZRuW8c4+0VhpeUw


すごい男たちです。

筑波8耐参戦予定と表彰台マナーについて

今週末は筑波8耐。
EVERFiTチームからもスタッフ、会員、サポート選手、練習仲間などで参加します。
またもや強力なチームができちゃったらしい。
このチームなら以前、Blancheで夏の筑波8耐にエントリーして、死闘を繰り広げたホンダR&D栃木さんとも戦えそう。ホンダさん、筑波は9耐に切り替えてしまったようですので、来年はそっちに行く??
できれば筑波に戻ってきてくれたほうが盛り上がると思うんだけどなぁ。無理かなぁ。

今回の筑波8耐に向けてビデオカメラなど新調してみました。
giVNOA2sQTWB%vDQkE0kEQ
監督もツッチーさんにお願いしたので、今回は気楽に撮影中心でレースを楽しむ予定。
コース内に入って撮影する申請も済ませました。
このビデオカメラを選んだのは接続、充電端子がUSB-Cなのが理由。
MacBook Proと一緒なので。
世の中のあらゆる電子機器の充電、給電、接続端子、そろそろ1種類に統一してもらいたいものです。

動画もiPhoneで十分?と思ってましたが、4Kのビデオカメラで良さそうなのがあったので。
撮った動画の中から4Kの静止がを切り出せるらしいので、シャッターチャンス?を逃さない。はず。
編集がどうなるかちょっと心配だけど。
みんなどんな走りをしてくれるか楽しみ。 

そんなに使う機会はなさそうなので、使わないときは会員さんにレンタルでもしようかと。
ビデオカメラのレンタルは費用はともかく、申込みとか送料とかいろいろ面倒みたいな気がするので、店頭で受け渡しできれば簡単で良いかと。 あと、壊してしまったときにどうするかが課題。
ちょっと考えないと。

そういえば、表彰式の写真を過去の写真やネットを見ていて感じるんだけど、残念な表彰式が多いなぁ。
やっぱり表彰式は晴れ舞台。
写真を撮るほうも、格好良い写真を撮りたいんですよね。
やっぱサイクルジャージを上下ちゃんと着て、足下もポディウムシューズまでは用意できないにしても、写真の残って恥ずかしくないシューズを履いて欲しい。
なければ、不自由でもビンディングシューズで立って欲しい。
サンダルとかクロックスとか晴れ舞台の写真をぶち壊し。
多少、肌寒いくらいでズボン履かないで欲しい。
上着を着るならサイクルジャージの長袖にしてほしい。
なければやせ我慢。
ホビーレースとはいえ、人生の中ではじめての表彰台とか、 一生の思い出になる写真になる人だって多いんです。
だからちゃんとした服装で立つことがマナーだと思うんです。
表彰台に乗るのが当たり前になって、写真なんてどうでも良いってなっても、そのレースが練習レースの位置づけだとしても、他の人の事を考えてほしい。
私も思い出深い、表彰台の写真も2位の人が変なサングラスだったり、普段着で立っている人がいるのでまったく思い出写真としての価値?その程度のレース?って感じで、雰囲気がた落ちと感じる写真がチラホラ・・・
自分自身もまだ表彰台になれていない、入賞し始めた頃の写真で、サングラス外さずに写ってる写真があって、後で見るとすごく感じ悪くて残念な写真。
これは自爆で他の人に迷惑かけた例だと思ってます。 

自分で表彰台に立ってる頃は、こういうことを書くと何か自分本位みたいでね。
今はもっぱら撮影側なので書いてみようかと。

筑波8耐2018サマーEVERFiT 総合1-2フィニッシュ

結果
タイムトライアル1−2−3独占
総合1−2フィニッシュ(3位に4LAP差)
AAクラス優勝(2位に2LAP差)
AAクラス9位

HIGH&LOWというEXILE主演の映画にもなったちょっと前のTVドラマをご存じでしょうか。

よくある若者のグループ間抗争などがメインのもの。
派手なケンカやアクションがなかなか面白く、映画も観に行きました。
今はNETFLIXだったかHULUでも観られるみたい。
そのHIGH&LOWというドラマの主演級の登場人物の中に雨宮兄弟という兄弟がおり、この2人は相手が100人くらいいても兄弟2人で殴り込みをかけ、次から次へと相手を倒してやっつけちゃう。

今回の筑波8耐の我らがEVERFiTチームの選手の活躍はそんな感じ。
220人相手に2人で殴り込み。で、やっつけちゃう。

そんなすごい活躍をしてくれたので、久しぶりにブログ更新。
気がついたらブログは1年以上放置してた(^_^;) 

今回は過去最高に準備にも力を入れてきました。
筑波に間に合うようにチームカー?まで購入!ハイエースです!
中古ですがなかなかきれいです。
ホイールもツライチで、品が悪くならない程度に内外装とも手が入っている感じ。
購入後仲間に指摘されるまで気づかなかったけど、少し車高も落ちているらしい(笑)
今回の用途は発電機や工業扇風機X2、タープその他もろもろと若者の移動用。
もちろん普段は社用車です。 

今回の参加メンバー。
yVzHAXz4TvmsrCs8PBKWgQ
この他にスタート後に駆けつけてくれたサポートの仲間もいます。
私、タオルを首からかけてるところが我ながらオッサンくさい(笑)

まずはタイムトライアル。 
昨年の秋も総合優勝しているので1チームだけプライオリティスタートの権利がありましたが、参加は4チームなのでタイムトライアルに代表選手3名を送り込む。
タイムトライアルで10位までに入れば本番のスタート時に最前列でスタートする権利が得られるため。
参加したのはスタッフT嶋選手、順大O野選手、会員のアル選手。 

IMG_2759
こちらは手元の時計。左からT嶋選手、O野選手、アル選手。

 計測チップによる正確な時計では・・・
IMG_2762

選手の力量からしても1−2−3独占は驚くほどのことではなかったものの、出したタイムに驚いた(゚∀゚)

2分45秒程度で10位まで当確だから、そのタイムを目安に頑張れ!と送り出したが・・・

T嶋くんのゴールシーン。失速してないんだなー、まだまだ走れそう。



気温が高く空気抵抗は少なめということも差し引いても、まったくエアロではないフレームやホイールで2分37秒台とか。
このタイムはチームTTでも簡単には出せないと思う。スタッフT嶋選手恐るべし。
誰かT嶋くんにエアロフレームやディープリム機材供給してみませんか(笑)
1口10万円!
供給者のロゴをチームカーに貼ります♪広告宣伝費で領収書出します♪
たぶんひとりでコースレコード作っちゃいますね。

1位 スタッフT嶋選手2分37秒!
2位 順大O野選手。こちらも2分40秒!
3位 会員のアルさん2分42秒!

1位から3位まで筑波8耐のタイムトライアルでは見たことないタイムです(^_^;
 
今回より総合を狙うチームの采配は完全にツッチーさんにお任せ。
昨年の秋、ツッチーさんの立案した作戦で結果うまくいったし、何より立てる作戦が積極果敢な感じで素敵。
今年は総合系チームの監督就任です。 
私は若干のサポートと観戦に徹する(笑) 
ツッチー監督からは私では到底選手に要求できないような熾烈な指示が(笑)

スタートはもっともペースが上がり、全チームアドレナリンが出てペースが上がるところ。
だから第1走は各チーム、ベテランやエース級の選手を揃えてくる。
 
ツッチーさんからのオーダーは「スタートからアタックして集団を置き去りに」
他にも何段階もの、「こうなったらこう」「このくらいまでにこうする」みたいな指示が。
こういうの、自分ができることしか人になかなか指示できないんですよね。

何せ、昨年秋のツッチーさん↓

IMG_2936
最初からこれでしたから(笑)
AA狙いはSらい選手とジャングルボス選手。
AA狙いも可能な限り総合チームについていき、LAPを稼ぐ。
無理となったら集団の抑えに。

 43928731972_f58a7c710e_z

ほとんどの写真はY.KUDOさんプレゼンツ。次は脚力も見せて欲しいぃー
43928746042_61341843e1_z

最初の見せ場はスタッフもやーし選手とハン選手。
一騎当千の2人も「最初はみんな元気ですからね。できるかな」と不安な表情。
第1走はどこもエース級かベテランを各チーム揃えてくるので、普通は無理。普通なら。
でも、普通じゃないので。

29039374657_029e186c84_z

1周目は集団前方で。
2周目「あれ?集団小さっ!30人ほどしかついていってない」
3周目「おや、10人ちょいまで絞り込んでるよ」
4周目 ハン選手が腰を上げてペースアップ!後ろについて行けるのはもやーし選手だけ。
    以後、2人で独走開始。




昨年秋は1走のI原君がひとりで1走目に1LAPを決めるという大技をかましましたが、今年は順次ペアのチーム力でLAPを勝ち取る作戦。
何走目か記録取り忘れましたが、走行1巡する前に1LAP完成。

そこからも緩めない。
ずーと2名ずつのコンビでタイムトライアルモード継続。

ここから先は、ちょっと他のチームと差が付きすぎてて、いまいち盛り上がりに問題が・・・

2LAP、3LAP、4LAPと差を広げていきました。

いつもならラップタイムを測って記録し、他チームとの差を選手に伝えて・・・サポートはかなり忙しいのですが・・・

今年は選手交代の回数や時間をメモするくらい。いつもよりは暇でした(^_^;)

今回の勝因はもちろん選手の力と監督の采配ですが、4lap差までつけたのはサポートのおかげも。

tx6XfsW9SauS164TZsT+Wg

S野さんの発電機!と工業扇!

「粗末に使って良し!」という言葉と共に、大量の氷とスポーツドリンクの差し入れは本当に最高でした!


昨年秋はピットの通過時間とかグローブ忘れてとかで、何度もピットインペナルティもらったので、そのたびに1lap差を失ったり、また回復したり急がしかったけど、今年は1回もペナルティもらわなかったのも勝因ですね。


29039194717_f5aa49caf8_z
AAチーム1走のSらい氏。AAチーム優勝に貢献!

29039375867_8cfca25fb3_z
ちょっとね、フォームがね。ひとりだけ違うんですけど。かっこ良すぎ。
さすがなんだけど腰痛くならないのかね。

29040306157_89b0518729_z
順大中距離班のO野くん。タイムトライアル2位、その上ちょーイケメン。
うらやましい(笑)

29040344037_681e47a7e1_z
I田くん。何と中学生。でも強えーんです。
末恐ろしい少年です。

30108427858_da22f933d7_z
アルさん。タイムトライアル2分42秒!普通ならトップだよね。
前から強かったけど、身体も絞れて一段と強くなってた!
かなりの貢献でした!

30108444958_70710e4f89_z
スタッフT嶋くん。この何の変哲もない自転車、ホイールで2分37秒台とか。


30108466958_db92883304_z
ツッチー選手兼監督。走りも指示も鬼です(笑)

30108624268_e0bf9b7d9b_k
みやちゃん。カメラ目線じゃなくてピット来てるだけです。たぶん。

30108652298_e66c8083b7_z
T刀川さん。スピードメーターなかったので、ペースがつかめず、第1コーナー回った後の下り勾配で60km/hとかすぐ出しちゃって一緒に走ったI原兄は困ってたようです(笑)


29039345037_b81a400386_z

総合チームのアンカーとして参加してくれたT刀川選手は、スプリント勝負になったときの切り札と思い参戦を打診した選手です♪
競輪選手なのでスプリント別次元はもちろんですが競輪選手の中でも地脚系と言われる持久力もちょー強い選手。
今回のファーステストラップはI原兄と2人で刻んだ2分38秒!
他チームは4LAPしてたので勝負はついてましたが、それでも最後のスプリントはバックストレート半ばから発射するという(^^ゞ
鳥肌もののロングスプリント!やっぱスピードが違いますね。


30109650078_992e7ae14e_z

ジャングルボス。私が名前だけ参戦になったので、その穴を全部埋めてくれる力走ぶり。
走り終わったら頬が一段とこけているという(^_^;
私、練習弱くても、本番は比較的強いタイプなんで、「みんなくたびれたら走るよ」って言ってあったんですが、今回は休ませてくれました(笑)

30109694198_403ebde3fc_z

ノスケ君と順大K堀くんペア。
この二人も集団を置き去りにしてぐいぐいLAPを稼ぎました。

42168217850_0096d0ea06_z
監督兼選手ツッチーさんと元順大キャプテンHら君ペア。
今のこの二人には普通のスーパーサイヤ人ではついていけません。

42168220580_3098d6d7b4_z
AAクラスY澤さんの力走も目立ちました!

43928893642_10b470e4b7_z
働き過ぎニックさん。8耐でもしっかり仕事しました!

43977296871_29d5453474_z
F崎さん、オヤジ界最強になりつつある!どこまで強くなる?

43928846542_d391cb7408_k

私の古くからの自転車仲間のE本さん。
お店立ち上げ前はずいぶん励まして頂きました。



42168364420_208312f47a_z
それにしても、この2人が組んで全力で走るって怖いことです。

43071757645_ca39230d54_z
O野くんとスタッフT嶋くん。さすが、さまになってるねぇ。

43071849745_6f87ac1f8f_z
T太刀さんとペアを組んだ順大OBのI原兄。
最後のT刀川さんのファーステストラップはI原兄のほぼ1周の8割型は前を引いた後のタイムなので、I原兄とT刀川選手二人のファーステストラップです。

43071871845_7c9db41962_z
K本先生!御年71歳!にしてAAクラス優勝!2位に2lap差
今回のレースのテーマの一つがK本先生を表彰台の真ん中に!というのがありましたので、達成できて良かったです。
AAチームの皆さんの走りのおかげ!もうちょっとで総合の表彰台独占でした!

43258544194_eb0d8fe2ec_z
このふたりほんとヤバい。

43258651054_560b49e34b_z

43258671764_19aa409d54_z

43928680332_95594fd1aa_z



IMG_2853

IMG_2871


秋も参戦予定です。
秋も総合系の監督はツッチーさん。
選手集めからチーム作り、作戦まで含めてお任せ。
カテゴリー狙いチームとファンライドチームは幹事立候補して頂いてまとめる感じ。
今後、この体制で私はスポンサーに徹して、応援・観戦専門で楽しみたいと思います。
もうね、総合走る選手たち強すぎて、多少練習して脚力取り戻しても一緒に走れる気がしない(^_^;)
自分で走る自転車競技、いつの日かまた再開したいとは思ってますが、当面は仕事中心で。
自転車はチームのスポンサーとしての応援と健康作り程度で楽しみたいと思います。

 















 


筑波8耐2017秋 チーム総合優勝

今年1月にフィットネスのお店をオープンさせた訳ですが、おかげさまで業績は順調。
ほんと、私の身体のどこを切っても感謝の文字しか出てこないくらい周りの全て、全方位に感謝の気持ちでいっぱい。
まだまだ気を抜いて良い状態ではないものの、少しは身体も動かさないと健康を損ないかねないお年頃なので、筑波8耐に仲間を誘ってエントリーしてました。
 
今回はお店のスタッフ、Blancheの仲間、順大自転車競技部などをお誘いしてチームを3つ。 
Blancheはタキさん、順大自転車競技部はT本コーチに一応ご了解を頂く。 

と、準備万端にしてましたが、唯一準備できなかったのは自分の脚(笑)
結局、エントリーしてからレースまで1回も自転車乗らず、wattbikeも延べ1時間くらい?
やっぱ仕事が気になってなかなか。
こういうところはサラリーマン時代は気分の切り替えができて良かったなぁ。

総合1−2を狙う2チーム
EVERFiT+BRTa  EVERFiT会員さんとBlancheベテラン勢
EVERFiT+順大α EVERFiTスタッフと順大自転車競技部

AMクラス入賞狙い
EVERFiT+ BRTb EVERFiT会員でBlancheメンバーのシニア勢

当日の天候は朝11時頃までは雨、以後は快復に向かう天気。
ということで朝のうちは弱い雨。

私はEVERFiT+ BRTbのスタート順をフロントローへ近づけるために200mTTを走る。
まぁ200mくらいなら、筋力だけでもなんとかなるという目論見でしたが・・・
何とスタートの招集場所にいたら、200m→1周(2070m)へ今年は変更したとのこと(^^;)
2070m全力を走れる状態ではなく、スタート後の1走だけ走る予定だったので、素直にDNS。
EVERFiT+BRTaはT屋さん。淡々と走ってる感じでしたが、タイムは1番。
最前列スタートを確保。


午前9時スタート。
マークすべきはHi-Bike、コムリン、COWGUNMA、APEXあたりか。

順大αは162番手と後ろのほうのスタート。
BRTaは先頭スタート。セオリーではBRTaは順大αが上がってくるのを待つのがセオリーですが、順大αの力をもってすれば上がってくるのは容易と判断し待たずに積極的な走りを維持。
順大αは先頭に出てきた時点で、単独アタックし、そのまま逃げに入る。
BRTaのT屋さんはメイン集団をコントロール。
スタート1時間せずに2位以下の1LAP完成。メイン集団を先頭集団ではなく、メイン集団に。

その後、ピットインする度にメイン集団から少し遅れて同じ集団に戻りたいところだが、BRTaとピットのタイミングが合わず、単独で再びメイン集団に戻り1LAP差を維持するのはさすがに難しい。
そこでBRTaのベテラン勢に「今回はアシストに徹して欲しい」とお願いして了承を頂く。

順大αがピットに入るとメイン集団は加速する。
ここではピットのタイミングを合わせるのが正しいので、無線で「ピンクジャージのチームにピットを合わせて!」とかHi-Bike、コムリン、APEXなどの有力チームに合わせるように指示するものの、無線トラブル、一部選手の調子等もあり、なかなかうまくいかない。

結局、ピットインペナルティ1回、放送に従ってピットに戻したらペナルティじゃなかったの1回、ピット交代で次の選手がスタンバイしてなかったとか、何度も何度もせっかく稼いだ1LAPを失いそうになる。
しかし、その度にT屋さん中心にBRTaメンバーのアシストや順大選手の力走で1LAPに強引に戻す。

終盤になって落ち着いてきて安心感が漂い始めるが、落車だけはしないよう、無理はしないように注意する。

結果、そのままリードを保ち、総合優勝。
I原くんの超人的なTT能力と、T屋さん、H君をはじめとした全員の強力なアシストの結果です。
8耐史上初となる快挙とまで主催者のニュースPLEASUREに記されるほど。




スクリーンショット 2018-08-19 08.05.06

スクリーンショット 2018-08-19 08.05.52


筑波8耐って何でこんなに楽しいんでしょうね(笑)

千葉競輪場を国際規格250mバンクにするアンケート

千葉市長さんが千葉競輪場を国際規格の250mバンクにするかどうかのアンケートを受け付けてます。
↓ 

http://www.kumagai-chiba.jp/enquete/result/keirin2017

千葉競輪場なら週末に東京からも高速使えば30分ほどかな。

私は仕事ばかりで自転車乗れてませんが、なんだかんだでスタッフも8名ほどになったので、そろそろ自転車も乗りたいなと。

IMG_3480

床の間ピストもそろそろ走らせてあげないとね。

なかなか・・・

練習再開宣言したものの、残念ながらリハビリ程度。
なかなかお店で20分とか40分とか連続して自分の世界に入ることは難しく。
最近はもっぱらパワーラックの前を通り過ぎるときに、ついでに懸垂とか。
そんな感じです。
会員数が目標に達したら、事務関係任せられる社員さん増やしたーい!

練習再開

最後にブログを更新したのが12月30日ということで50日ぶりの更新。
こんだけ更新してないのに毎日そこそこアクセスあって申し訳ないです。

前職で新規事業の立ち上げや新しい事業所の立ち上げなんかいろいろやってきた訳ではありますが、まったく違う業種ってこともあり、そりゃまぁ大変でした。
オープンから3週間くらいは休みなしで睡眠時間2〜4時間がずーと続いたかな。
長期間の寝不足が祟って頭がボケそうなのと、毛細血管観察装置で自分の毛細血管を確認してみたら、そりゃもうひどい状態になっていることがわかりびびる。
体重は一気に5kg減りました。体脂肪率も10%ほどに。
これはラッキー?
お店のほうは、まだまだやることは山積みですが、スタッフの皆さんのおかげもあり、少しずつ形になってきたかな。
お役所関係の書類作成が山場を越えた?感じなので、いまはちょっと一息。
そこでちゃんと睡眠とるのと、運動も再開することに。

体力のほうは練習しなくなって2ヶ月も経つので、昨年秋から冬の3ヶ月間で積み上げたものはきれいに消え去ってしまいましたが、たぶん国内最強の練習環境にいるので、これから何とか秋までには人生最強体力を再び更新したいと思ってます。


サイクリストウェルカムなフィットネスジムまもなくオープン


このブログで一番アクセスの多い記事はこれ。

「これは効いたなー」と思った練習方法(その2)

自転車競技は大勢走っても勝つのはひとりなので、勝つことがとっても難しい。
でも、私の場合、筋力トレーニングを始めて3ヶ月ほど経過した頃から表彰台の常連になることができました。もちろん、自分の脚質にあったレースという前提ですが。
そんな訳で、自転車に乗るのと同じくらい筋力トレーニングには力を入れてました。

そんな私ですが仕事で大阪に転勤になったり、それまで続けていた自転車通勤ができなくなったり・・・
いろいろありまして、お店を立ち上げることになりました。
それが表題のサイクリストウェルカムなフィットネスジム。
1月18日オープンです。

そりゃもう、あれです。あれ。
自転車競技やる人にとって理想のジムを作っちゃえってことです。
・自転車で行って、自転車は屋内に入れられて安心して筋トレができる。
・筋トレ用のマシンやフリーウェイトはしっかり充実。
・wattbikeやローラー台など自転車特有の練習機材を充実させる。
 ビンディングシューズでwattbike使えるとかね。
・月会費は5千円から24時間年中無休で使い放題。
・サイクリングや練習の集合地点や目的地、解散地点に使えるようにカフェも。
・自転車競技やその他あらゆるニーズに応えるパーソナルトレーニングメニューも用意。

たぶん国内初のサイクリストウェルカムなフィットネスジム。
そこそこの規模になっちゃいましたので、サイクリスト以外にも24時間ジムとして親しんでもらえる環境にしましたが、自転車乗りのこだわりに関しては自分の趣味を入れて今後も充実させていきたい。
wattbikeやエアロバイクはもちろん、ストレングスマシンやフリーウェイトの設備も充実させてますし、
キックボクシングエクササイズやネイルサロン、カフェもあります。
4月頃からパーソナルトレーニングも開始する予定です。

EVERFiT24 Facebookページ
https://www.facebook.com/everfit24bike/

EVERFiT24 ホームページ
http://everfit24.co.jp

 29

JCRC最終戦in下総運動公園

レース復帰第3戦。JCRC最終戦in下総運動公園。


リザルト
クリテリウムM2クラス(50歳代)優勝♪
Abiさんとふたりで一緒にソロのレース出るって初めてかな?
とっても楽しみにしてました。

セオフェスでも一緒だったフラシーボのT山さんも。

02

20

無駄脚使わないといっても、ずっと後ろじゃ感じ悪いので、挨拶代わりにプチアタック入れたり、たまには先頭に出ましたが、その他は基本方針として無駄脚を使わない感じで。
セオフェスでの教訓を活かす?
最後は早めに駆けてゴールまで。

15304117_980255795452095_1753498570482892691_o

49

22


55

45
身体、見た目的にやばそうだと思ってたARIのK山さんが、やっぱり迫ってた(^^;)
危ない危ない。

午後は2時間エンデューロ・ソロ 6位入賞。 
午前中に本日の課題?はクリアしたので、エンデューロは2時間の高強度練習モード。
目標は最後まで先頭集団に残ること。
それと仲間がたくさん応援や撮影にきてくれていたので、ある程度見せ場を作りたいということで。
となれば、やはりエーススプリンターのKOさんで勝つようなシナリオがいちばん。
2時間、最後まで残れたら、KOさんのアシストやる感じ。
最初の1時間くらいは淡々と。
途中サッカー場の横でイン側を走っていたら前走者が左に寄ってきたので、更にイン側に寄ったら、直径8cmくらいの丸太棒がコース側に飛び出していて、左足を痛打(>_<)
痛かったけど、なんとかそのままレース続行。
たまに逃げのような動きが出るけど、集団を連れてじわーっと追って吸収。
1時間5分くらい経過時点で、たまには挨拶代わりに先頭で強めに牽いたら自然と抜け出して、振り向いたら一人旅。あらら。
師匠とみやちゃんがカメラ撮影に来てくれていたので、たまにはフォトジェニックな時間もあってもいいか♪
ということでしばらく一人旅を続ける。一定強度で淡々と。
59

3−4周ひとりで逃げて、そろそろ集団戻るかと思ったら、応援してくれていたAbiさんより、2人ほど追ってきてるとの情報。
じゃ、それ待ってもう少し遊ぼうということで脚を緩めて待って合流。
3人逃げになってペースアップ。
02

23

あーこれは良いペースだなーと思ったけど、追ってきたうちのひとりがやたら激を飛ばしてくる(^^;)
こっちは一人でしばらく逃げてた後だし、 「おっさん歳なんだからそんなに頑張れません!」って言ったけど、なんかずっと激飛ばしてくるので鬱陶しくなって大人げなくブチ切れるより集団に戻ることに。
大人になったな俺。
何か今日は調子が良いので、集団に戻って、集団活性化させて逃げを潰して予定通りスプリント勝負に持ち込む作戦。
3人逃げになっていたもうひとりも落ちてきて、逃げはひとりの状態。
これでもう時間の問題かなと思うが、集団はペース上がっていかない。
今度は私はAbiさんからタイム差を聞いて、集団に激飛ばしてる(^^;)
主に下りで先頭に出てペースアップを試みるも、なかなかローテーションうまく回らず。
51

逆にタイム差が開いていく。あらま。
一人逃げの選手、口だけじゃなく、脚も達者だった模様。強い。
後の祭りですが、「エースが集団にいるから一切牽かない♪」って言ってべったり後ろに張り付いて行くべきでした。
残り10分ほどでもう追うのは諦めて、集団ゴールで頭を取る作戦。KOさんとは事前に打ち合わせ済み。
KOさんとは練習で走ったこと一度もないけど、レースの最終局面で組むのはもう10回以上かな?
息はぴったりです。
野球場の手前、普通はまだペースがそんなに上がらないところで、後ろを確認、KOさんがいるのを確認。
他の選手がスプリント勝負を控えて、私の前に出たいと思わない程度のスピードに上げて先頭を牽き始める。ギア軽めの高回転で。
最後の登りもペダルにパワーを加えながらも発射しやすいようにジワーっと50km/h程度まで上げていく。
ゴールが見えてきたあたりでKOさん発射!
集団の頭はしっかり取ってくれました♪
発射後脚を止めて惰性でゴールしたけど、あとでリザルト見たら私も6位に入ってました。たなぼた。
パワー的にはまだまだ戻ってないんですが、今日は調子良かったみたいで、そこそこいい感じで走れてしまった。
52

撮影や応援に来てくれた皆さん、ありがとうございました。  
記事検索
レースや練習の記事は、私の記憶を頼りに綴っています。全体が見えている訳でもありませんし、勘違い、記憶違いが相当あると思いますので、そのあたりは念頭に置いて読んで頂ければと思います。

また、思い出したことを追記したり修正することもあります。特に公開直後は多いかも。従って過去の記事も読み直したら少し変わっていることもあると思います。このあたりはこのブログの主目的が基本自分のための記録用ということでご容赦ください。

スポーツ自転車歴&入賞歴
※レース結果は個人戦の入賞分と納得いく結果のTT系のみ(笑)

2007年 5月
クロスバイク購入

2008年 8月
DEROSA
NeoPRIMATO購入

2009年 7月
ヒルクライム初挑戦

2009年11月
自転車通勤開始

2010年 3月
LOK586購入
タキサイクル朝練デビュー

2010年 7月
cannondale F8購入

2010年 8月
鎖骨骨折

2010年10月
朝練Bクラスデビュー

茂木4時間ソロ
529人中28位

2010年12月 
LOOK AL464P購入
セオフェス
初級者3位入賞
朝練Aクラスデビュー

2011年 6月
富士HC 1:13.12

2011年 7月 
cervelo P3購入

2011年 8月 
JCRC修善寺4位入賞
Dクラスへ

2011年 9月 
下総クリテTT5位入賞

2011年10月 
川崎マリンエンデューロ
2時間ソロ優勝

2011年11月 
JCRC西湖3位入賞
Cクラス昇級

トライザバンク境川
実車の部
1,000m 1:16
3,000m 4:00

2011年12月 
JCRC最終戦
in NATS
個人TT 1位

2012年 3月 
JCRC四日市
Cクラス1位 
Bクラスへ昇級

2012年 5月 
埼玉TT
マスターズ5位

2012年 6月 
富士HC 1:15.00

2012年 8月 
トライザバンク大宮
1000m 1:14.19
LOOK AL464P

湾岸タイムトライアル
優勝
Ave 54.20km/h
53秒140

2012年 9月
JCRC群馬
個人TT 1位

2012年10月
秋のしもふさクリテ
個人TT 1位
TIME 1:45.248
AVE 47.88km/h
スポーツⅡ 2位

千葉県民体育大会
1000mTT 3位
ケイリン 2位

JCRC西湖2012
Bクラス2位
Aクラスへ昇級

JCRC最終戦
in NATS
個人TT 1位
01:28.117

2013.02
明治神宮外苑マスターズTT
3位

2013.3
国営ひたち海浜公園杯
JCRC第1戦
Aクラス6位
Sクラスへ昇格

2013.5
春のしもふさクリテ
個人TT 1位
1分44秒993
AVE 48.00km/h

2013.5
タキサイクル大運動会
3.5H 100kmの部 3位

2013.06.23
千葉競輪場
1000mTT
1:13.08

2013.9.15
秋のしもふさクリテ
個人TT 1位
1分44秒618
AVE 48.17km/h
スポーツⅠ
優勝

2013.10.6
千葉県民体育大会
1000mTT 1位
ケイリン 1位

2013年
セオサイクルフェスティバル
シニア中上級
3位

2013年
JCRC最終戦inNATS
個人TT優勝
01:26.335
マスターズH 2位
オープンH 2位

2013.12.15
日本写真判定主催
自転車レース
250mTT 1位
1000mTT 1位
速度競争 1位

※※3年間お休み※※

2016年9月末
練習再開

2016年10月
PCGコーチング導入

2016年12月
JCRC最終戦in下総
M2クラス1位

その他入賞”圏外”多数(笑)
管理人へのメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 第45回南関東地区プロ自転車競技大会
  • 第45回南関東地区プロ自転車競技大会
  • 第45回南関東地区プロ自転車競技大会
  • 第45回南関東地区プロ自転車競技大会
  • 第45回南関東地区プロ自転車競技大会
  • 第45回南関東地区プロ自転車競技大会


  • ライブドアブログ