昨日は朝の時点で夜の天気予報が怪しかったので、通勤はMTBを選択。
そして夜は46練の予定でしたが、フィットネスクラブでの筋トレに予定変更。

雨の日のロードバイク通勤はリスクが高いんですよね。
グレーチングで滑って転んだことあるし、雨だとパンクすることもやたら多い。
「雨の日は何でこんなにパンクするんですか?」と自転車有識者に聞いたら、水が潤滑剤の役目を果たして金属などがゴムを切りやすい状態になるということらしい。
MTBならタイヤもロードと比べてトレッドが厚いのか雨でもパンクの頻度は少ないし、ブロックパターンのタイヤはやっぱ雨でも安心。
SHIMANO DEOREの油圧ディスクブレーキに交換してからは、効きも抜群だけど、音鳴りもほとんどしなくなって快適です。
雨の日のロードはブレーキ効かないし、ブレーキパッドはすぐに減るしね。

そして夜、仕事を終えてフィットネスクラブに。
普段は1回千円のゼウスという精密な体組成計での測定無料キャンペーンをやっていた。
測ってもらったら、今年の2月に比べて筋肉量が500g増えてた。
体重は半年で4kg増えてたけど(笑)
筋トレ関連の情報を見てみると、筋肉量を増やすことと、体脂肪を減らすことを並行して行うのは現実かなり難しいようです。
一度、体重増やしてでも筋肉量を増やし、その後、体脂肪を落とすというのがセオリーみたい。
確かに去年の8月に筋トレ開始して、今年の2月にゼウスで計測したら、体重は3kgほど減っていたものの、筋肉量の変化はナシ。筋トレ半年やっても筋肉量は全く増えていなかったという結果にがっかりしたものです。
まぁ実際のところ、筋肉量を増やす筋トレではなく、自転車向けに、筋持久力を高める筋トレばかりしてましたから当然の結果ということなんでしょうけど。
そう、回数を多くすると筋肉量を増やさず、筋持久力を高められるらしい。
でも、やはりパワーは筋肉量が増えないとね。
ということで、2月以降は筋肉量を増やすことを意識して、1回8〜12回×3セットくらいを目安にしてきました。

もう当分ヒルクライムに出るつもりはないので、軽さよりパワーを追求してみようかと。
今、68kgくらいなので、これが70kgとか、それ以上になったらどんな走りになるんだろう。
平地は強まるはずですよね。
しばらくレースの予定がないので、動けなくなるくらい徹底的に筋トレ。
ゼウスで体組成を測ってくれたインストラクターは妙に親切に説明してくれて、自転車競技のために筋トレをやっていると話したら、それに合った筋トレをいろいろ指導してくれた。
フリーウェイトでのスクワットその他のフォームをチェックしてもらった。
やっぱ、見よう見まねではなく、指導受けたほうが良いですね。
それにひとりで黙々と筋トレするより、指導者がついているとついつい追い込んでしまう(汗)
現在、筋トレ翌日なのに全身筋肉痛。若い証拠だな(笑)

しかし、体がだるいぃ~