総合を狙うチームのスターターはキズナはN男さん、シナジーはグッピーさん。
N男
※Blancheの練習教官N男さん。

グッピー
※グッピーさんは過去最高のコンディション。

でも、男女混合狙いの四角関係チームにも朝練Aクラスのcoffeeさんがいてスターター。
ということで、一走目は脚の揃ったメンバーが3人いました。 

無難に先頭集団を維持してピット交代。
二走目はインバスターのツッチーさんと46さん。

ツッチー46
※ツッチーさんと46さん。
 昨年、シリーズ戦を優勝したインバスターのエースと今年は一緒のチーム!

46さん、ずっと不調でしたが、大会一週間前にかなり調子を戻した模様。
ツッチーさんはTTもダントツでしたが、本番でも終始、異常な強さを発揮。

3走目はSらいさんとアルさん。
Sらいさんもしばらく練習できない状況が続いてましたが、そこは元国体選手、しっかり上げてきてくれました。アルさんはTT2位、スプリント1,400w超のスーパーパワーの持ち主。
重量級の2人がTTモードで走っている姿は、ほんと大迫力でカッコ良かった♪
srai


4走目はJ大T本さんとF施さん。
実力は言うまでもなく、たぶん今大会最高レベル。
本人たちによると、とっても楽しかったし、なかなか良い練習になったとのこと。

J
※前からF施さん、coffeeさん、T本さん。coffeeさんは、しもふさクリテチャンピオンジャージ着用♪

5走目はKOさんと私。
io_medium

KOさんは言わずと知れた、Blancheのエース。

途中で少しメンバーの組み合わせを変えたりしましたが、基本的にはこれで3巡+αで本番をこなしました。

もう少し詳しく経過を書ければ良いのですが、他の上位チームの方もしっかり書かれているので、省略(笑)
実際、私は選手兼裏方みたいな役割をこなしていたので、レース中の展開をじっと見ていた訳ではないので。 

ということで記憶を頼りに自分の出走分のみ。

私の出走は、結局3回。全部KOさんと一緒。
1走目は無難に集団で温存。


7h_large


2走目は無我夢中でとにかく前へ前へ。
最初はKOさんとEL DREAMTEAMの感じの良い方と私の3人くらいしかいなかったけど、その後、赤いジャージの強い人なども加わって、5〜6人でガンガン回して早めにピットイン。 

2走目

2走2


このまま行くと最後はやはりスプリント勝負か?という感じが濃厚になってきたので、脚を休めるために走行順を組み替える。

その後、何とキズナ・シナジーまとめてペナルティを取られて、ピットインペナルティ。
ピットに入って、所定の場所で20秒も停止しないといけない。これはきつかった。
ペナルティの原因は斜行だそうです。
今回、スピードの遅い人が速い人が走る左側レーンをふらふら走っていることが多く、そういうライダーを避けるためには斜行せざるを得ないシーンが多かったのですが、それがペナルティの理由とのこと。
まぁ言いたいことはいろいろありますが、まぁ他チームも条件は同じなので。
運も実力ということです。

そして最後の出走。KOさんと2人。
走りだすと同時にホンダR&Dさんのいる先頭集団がピット前を通過。
この時点で1LAP。
残念ながらもう総合の目はありません。

でも、せめて意地を見せるため、KOさんとスプリントだけは絶対獲ると申し合わせ。
もちろん、ホンダR&Dさんの1−3位チームはスプリントする必要もない訳です。
ということで焦点は4位争いのスプリントですが、相手はEL DREAMTEAMやホンダR&Dの周回遅れチームもいるので、気を抜けない。
ホンダR&Dさんの1チームを4位争いで勝たせるために、ホンダR&D1−3位チームのアンカーが束になってアシストしてくる可能性もあるし。

昨年秋の筑波8耐では、最後の数周は可能な限り集団先頭を引き続けて、他チームのアタック吸収を行いながら、最後にKOさんを発射して総合を獲ったものの、私のほうはKOさん発射後はズブズブ。
去年の秋はAMクラスで他チームを数周LAP済みでクラス優勝決めていたのでそれでも良かったんですが、今回はシナジーのみんなの走りも思いも背負っていたので、KOさんをリードアウトした後もタレずに同一LAPの4チームはもちろん、先頭集団1−2でゴールに飛び込む決意。

そういう訳で最終周回は集団の中でおとなしめに。
時々順番が来たら前を引くけど、速度維持程度。
スプリント前
※最終周回の密集した集団。しまひろさん、懸命に風よけになってくてれた。事前の打ち合わせ不足でcoffeeさんとの連携はうまくいかなかったけど、かなり楽しい時間でした。

しまひろ
※しまひろさん。剣道で鍛えた基礎体力が半端ないみたい。
 次の耐久では更に活躍してくれそうな予感。


そして、最後のポイントでKOさんの位置を確認し、じわっとシッティングのままペースアップ。
もう一度振り返って、後ろに赤いジャージがいるのを確認して、今度は全力でペダルを回す。
集団の右側から駆け上がって、先導バイクを右側から抜き去って全力。
途中で一度だけ後方を確認し、赤いジャージが後ろにいるのを確認して、更に踏むこむ。
もうこのあたりで通常のペダルを回す筋肉は終わった感じ。
あとはペダル回すような感じではなく、ここからは全身使ってガチャ踏みです。
ゴールラインが見えてきたあたりで、KOさんが発射!
よっしゃ、っと思ってKOさんを見送ったら、ホンダのジャージの人も連れてきてたみたい(汗)
KOさんは一車身ほどリードしてゴールラインを超えたけど、私はホンダの人にギリギリで刺されたような感じ。

sprint
※写真は全部はんなねえさん撮影♪タイミングバッチリな写真!


まーでも、無事にBlanche、タキサイクル勢の意地は見せたなーと思った。

ko

いや〜我ながらよく頑張った\(^o^)/
この時の最高速度は61.8km/hまで達してました。
ゴールのあるホームストレートはわずかに登り勾配なんですよね。
火事場の馬鹿力出た感じ?

06


KOさんとは発射速度50km/hっていう打ち合わせしてましたが、ついついメーター見ずに頑張りすぎました。
でも、それでもしっかり、そこからガツンと飛び出すKOさんはさすがです。

で・・・これでレース終わりだと私は思った。
でも、実際は、総合トップの選手より先にゴールラインを超えたら、もう一周走れるらしい。
そんなことは露知らず、クールダウン走に移り、先導バイクに制止されてウィニングランの集合場所で停車。

私の直前をオレンジさんと流していたKOさんは、オレンジさんと一緒にもう1周行っちゃった。
それもサイクリングモードで。
この時、ホンダさんの4位になったチームはしっかりルールを把握して、がっつりもう1周走って4位確定。
オレンジさんとKOさんは途中で事態を把握し、再びゴールラインで再びスプリントやったらしくキズナはなんとか5位に入りましたが、シナジーは私のせいで1LAP差ついて7位。
皆さんごめんなさい。

今回も結果は残念ですが、またチームが強くなるきっかけを得ることができたと思います。
ホンダR&D栃木。ホントに強い。
死角が見当たらない。
でも、接戦を通じて手応えは感じることができた。
次はかなり違った展開にできるんじゃないかと思う。
何とかチームの力を結集して、来年こそ勝ちに行きたい。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Blancheでは一緒に練習して、いずれはこんなレースで一緒に走るメンバーを常時募集中です♪
まだ強くなくても大丈夫。最近、新しい仲間も急増中です♪
仲間入りすると最高の練習環境と仲間が待ってます。
詳しくはタキサイクル店頭まで♪