台風が近づいて雨模様。
主催者からは当日朝5:30の時点で、レースを開催するかどうかWebで発表するというような状況。
一応、前夜の時点で準備を済ませて寝たけど、この5:30からの発表が気になって、夜中の3時頃から何度も目が醒めてしまい、睡眠は少なめ。
もう頭の中は「中止になって欲しい」という気持ちのほうが大きめになってましたが、開催されるとのこと。
いつもは5時頃には出発するのに、今回は出遅れて6時過ぎの出発に。
やっぱこういう天候のときは走りたいって思えないんですが、何か逃げ出すようで・・・というか弱い自分に負けるようで・・・。
とりあえず向かうことに。
断続的に雨が降っていますが、風はさほどでもない。まだ台風遠かったしね。
ところが概ね、下総運動公園まで残り半分くらいのところで、ハッとする。
「エアロヘルメット忘れた・・・」
一旦家に戻ったらウォームアップの時間が足りなくなる。
どうしようかと思いましたが、この悪天候ではウォームアップもなかなかできないだろうっということで、エアロ装備優先。引き返す。
下総に到着したら、いつもなら駐車場はいっぱいになって、足元の悪い駐車場しか空いていない時間帯なのに、良い場所に駐車できた。そう、今回は悪天候でDNS決めた人多かったらしい。
まぁ普通はDNSするわなー

ローラー台でのウォームアップは出来ませんでしたが、着替えてコースに入って、コースの試走。
コースはウェット、雨は降ったり止んだり。救いは風はそれほど強くないこと。
厳しかったのは落ち葉。
ウェットなだけであれば、無茶とか急な操作さえしなけれ落車する気はしないのですが、雨の日に路面に落ち葉が多いと、簡単に滑るんですよね。
そのあたりは自転車競技を熟知したスドーマンさんが部分的に事前に掃き掃除してくれてましたが、さすがにコース広すぎ。
救急車呼ぶ前に、自治体の道路清掃車呼べれば良いんですけどね。
試走ではベストなライン取りを考えながら走る訳ですが、試走と本番ではスピードが全然違う。
結局いくら試走でベストなラインを何回もトレースしても、本番ではインに付ききれないし、結果的に出口で膨らんじゃいます。
だってね、サラリーマンだし、大怪我したら本業に差し障りが出たらまずいからギリギリ攻めるのは怖いんですよ。
これでガキの頃、バイク事故で入院中、包帯グルグル巻きでも病院抜け出して走りに行ってた頃の自分なら、相当違うと思うなぁ。

数周試走して、濡れたジャージを着替えて出走準備。
順番に並んだら概ね、半分はDNSかな。
これすなわち、勝てる確率UP。
でも、本当に強い人は雨でも来るような人に多いから油断はできない。
勝つためには全力が必要。

私の場合、ペース配分もクソもなく、最初からフルパワー。
今回はウェットだったので、少し慎重にスタート。
サッカー場の周りでスピードに乗せる。ここはDHバー握って。
そこからバーベキューコーナーは慎重に。いつもより脚を止める時間は長め。下りはDHバーで突っ込むがカーブの手前でドロップに持ち変える。落ち葉あるしウェットだと怖すぎるし。
試走のときには無かった風が少し吹き始めていて、下りから右に曲がるコーナー立ち上がりで少しハンドルをとられて、その勢いのまま膨らんでしまい、「ここは通りたくない」と思ってた落ち葉ゾーンに突入(汗)

60152426_1998707248_215large
この立ち上がってきたコーナーが一番難しいところ。
ここの走り方でずいぶんタイムは違うらしい。
60152426_1998707247_185large

そしたら何とここで「拓海さん!頑張れ!」と聞き慣れた、たかし師匠の声援。というか激。

60152426_1998707242_27large

一瞬も手を抜けない状況なので、手も振らず、脇目もふらずにそのまま通過(失礼しました)
ちょっとパワーを頂いた感じで、その後の野球場の周りもハイペースを維持
まだ気力と根性の世界には入らず、エアロフォームを維持してペダリングを続ける。
60152426_1998707234_191large

60152426_1998707228_29large

野球場から上りに差し掛かるところで再びたかし師匠の応援と撮影。しかしよく応援しながら撮影できるもんです。私もたまにカメラで仲間のレースの写真撮りますが、両方同時っての、実はできない(汗)

最後の上りで気合と根性の世界に入り、燃え尽きて灰になりながらフィニッシュ。
今回はサッカー場の周りと下り、そして野球場の周りだけDHバーで、ドロップハンドル持っている時間がいつもより長かったので、タイムは出てない気がしてました。
ダメかなー、と思いつつ、スタート地点脇のコース出口に向かう。スタートする人たちの脇を通って戻ろうとしたら、何故か賞賛っぽい拍手と雰囲気?
もしかして自分のタイムが場内放送で速報されて良いタイムだったということか?
何秒だったんだろうと思ってサイコン見たけど、ストップ押し忘れ(汗)
coffeeさんに放送されていたタイムを聞いて、春と同様のタイムだったとわかる。
その後、放送を聞いていて、自分より速いタイムは出なかったみたいなので安堵。
しもうさクリテのTT三連覇達成です。
13
34
50
23
43

2011年秋のしもふさクリテ 1分51秒182 5位 路面ドライ

2012年秋のしもふさクリテ 1分45秒248 平均速度47.88km/h 1位 2位と約3.2秒差 ドライ
2013年春のしもふさクリテ 1分44秒993 平均速度48.00km/h 1位 2位と約4.5秒差 ウェット
2013年秋のしもふさクリテ 1分44秒618 平均速度48.17km/h 1位 2位と約3.1秒差 ウェット+落ち葉

路面状態悪くてもタイムってあんまり関係ないのか?
自分だけじゃなく、2位や3位の人のタイムを見てもそう思う。
まぁ確かに自転車は人力なので、パワーなんて微々たるもの。
車やオートバイみたいにアクセルひとつでタイヤの限界を簡単に超えるようなこともないし。
まぁでも、路面状態が悪いから速くなるということはないと思うので、タイムを見る限り、短距離TT能力は高まってる感じ。
加齢により劣化はまだ抑えられている?
表彰式。

54

雨だったので、テントの中での表彰式。
カメラも曇っちゃった。

表彰式は表彰台の上に座って。
テントの高さが足りなくて、「表彰台の真ん中に立つ」という男のロマン的にはいまいちですが、たまにはこういうのもありか。

2位は福島のほうの選手。3位はチームメイトのcoffeeさん。
先々週だっけ。8月には3km周回のTTでcoffeeさんにも完敗していたので、今回も危ないかと思ってましたが、なんとか短距離TT職人の面目を保つ(笑)

クリテリウム編に続く。
賞状
さーて台風だし、ジム練でも行ってくるか♪