結果:シニア/50歳以上・中・上級者クラス 3位
47

GARMINストップ押し忘れたので平均速度は実際より遅くなってます。
   ↓
17

出走は15人。
私は50歳以上のカテゴリーのレースで走るのは初めてなので楽しみにしてました。
他のレースならば、年齢カテゴリーではなく上級カテゴリーに挑戦するかどうか迷うところですが、ここは賞品が良いので50歳になった今年は迷いなくシニアカテゴリー♪

ところが、エントリーリストが公表されてからメンバーを見ると甘くない感じ。
普段、年齢無差別の上級カテゴリーでも入賞しているような人がチラホラ。
先日の沖縄50kmでオーバー50で優勝されたいる方もいる(汗)
50歳以上でも強い人は強いんですよね。
今年のひたちなかのリザルトみたら一目瞭然です。
http://www.jcrc-net.jp/2013k/result/1301/k1301sf1.html

心強かったのは家庭の事情や怪我でここ1年くらいレースから遠ざかっていた、BlancheのKINGこと、まもるさんがエントリーされたこと。

マークすべきはNAMAZU PLUS TOCHIGIのSさんと、沖縄50チャンプ、パインヒルズ90のOさんの2人。
他にもマークすべき方がいらっしゃるだろうとは思ったものの、このカテゴリーで走るが初めてなのであとの方はよくわからない。
下総運動公園のコースは的にもスプリンター有利。距離も8周回で短いし。
逃げが出来ても、自分の対処が遅れなければ、独力でも追いつけるのはではないかと。

事前にまもるさんから、「久しぶりのレースで調子が良くないからアシストする」と心強い言葉を頂いてました。
二人でジャージを揃えていざレースへ。
50歳以上クラス初参加で新入りな私が、前のほうで幅をきかすこともないと思い、後ろのほうでスタート待ち。
ところがスタート時に珍しくクリートがうまくはまらず、少し出遅れ。
まぁでも、そのくらいで慌てることもないよなー。
と最後尾でまったりスタート・・・

っと、思っていたら、集団前方まさかのスタートから全力?
こちらは最後尾で「最初はウォーミングアップかなー」「最後尾でしばらく様子みようか」なんて気持ちでスタートしてたら3~4人前で中切れ発生。

あわわ・・・・

なんだこりゃ!

まぁでも、なんとか自分で追ってサッカー場の真ん中あたりで無事に集団末尾に接続。
この日の最高速度はこの時に記録。

50歳以上クラスのレースというともっとまったりしたものかと思ってましたが、アタックありその後の仕掛けありで退屈しているヒマはなし。緩むときはめちゃ緩みますが。

何か普段のレース以上に駆け引きが多い感じ。
今回はまもるさんと一緒なのでとにかくレースが楽しい♪
まもるさんは滅多に朝練には来られないので、練習よりレースのほうが一緒に走ることが多いんですが、いろいろと教えてもらえます。
現役組の中では、まもるさんとKOさんはBlancheの中でも生きる伝説的存在なので、一緒に走れるだけでもモチベーション上がっちゃいます。組んで走るといつも好結果を残せてますしね。

レースのほうが時々ペースが緩むし、休むヒマがないエリートや上級のレースに比べたら、心肺や脚には全然来ないんですが、皆さんベテラン、百戦錬磨なので、とにかく気が抜けない。
私も脚に来ない範囲で時々速度アップ等試みたり。

昨年のしもうさクリテみたいにラスト1周で大逃げをかますことも考えてたんですが、レーススタート前の談笑を見ていると皆さん旧知の間柄みたいで、これは協調がうまく機能しそうな雰囲気?難しいかなーという感じ。

途中で沖縄50kmチャンプが野球場裏で落車。巻き添えはいなかったかな?
少し前を走っておられたので原因はわからない。

落車があった直後、アタックをかける動きがあって集団がペースアップしたようですが、まもるさんがその動きに対して「待った」をかけて一旦集団が落ち着く。さすがBlancheのKINGでした。
こういうのは見習うようにしたいですね。

8周回なのであっという間にラスト1周のジャンが鳴る。
前目で展開。牽制が始まりペースダウン。
するとアンカーの招待選手がひとり前に出てきてペースアップ。
成り行きで招待選手の真後ろ。
良くない位置(汗)
しかし、ここで下がっても良い場所確保できない気がして。

後ろを見ると最悪なことにスプリンターで著名なNAMAZU PLUS TOCHIGIのSさん。
これはまずい(汗)

野球場の後半で招待選手のリードが外れ、私が先頭で最後の登りへ向かう。
右コーナーを曲がった段階で後ろにピッタリついているのを確認。
更にもう一度続く右カーブで、一瞬脚を止めてSさんと並ぶことを選択。
後ろにつかれて最後まで踏み切るより、横ならびで踏み切ったほうが勝機があると思ったんですが、結果的にこれは失敗。
こちらが速度を落としたところでSさん、発射。
ここで微妙な速度差がつき、この速度差を埋められず、ゴールには一車身ほど先行される・・・

万事休す・・・
と思ったら、Sさんの番手を確保していたまもるさんが、ゴールライン直前でSさんを刺す。

昨年から今年にかけて、海外旅行や怪我などで自転車から遠ざかっていて、まもるさんこのままレース出なくなっちゃうんじゃないかと危惧していたんですが、ここ数ヶ月の調整で復活されたようです。さすがです。

レース開始前までは調子を落としているまもるさんが、どちらかというと好調な私をアシストしてくれるという話だったんですが、レースが終わってみると、私が見事なアシストをしたようです(笑)
このへんは自転車乗りとしての格というか、キャリアの違いがそうさせちゃうんですよねw

私が先頭でスプリントに入り、NAMAZU PLUS TOCHIGIのSさんは私の番手で狙いを定めていたはず。
その私が少し力を抜いたので、少し早い段階でSさんはスプリント開始。
結果的にその後ろにいたまもるさんがSさんの番手をとり、最後は鮮やかに刺した形。
そんで、私は3位。

自転車レースをチームで走っている人ならわかると思いますが、チームメイトのまもるさんが1位を獲ってくれたので、ほんと良かった。
あれで1位が他チーム、2位、3位が自分たちのチームというのは完全に敗者なんですよね。
まもるさんが勝ってくれたおかげで、勝者とそのアシスト。
1-2が理想ではありますが、その次くらいの結果です。
55

めでたしめでたし。

まもるさんと走ると、私は自然とアシストになっちゃうんですが、それはそれで役に立てることが嬉しい。

それにしても今回のレースは楽しかった。
人数的にも15人くらいで、皆脚が揃っているので危なげないし、皆さん大人なので大人げない人もいないみたい。
終わった後、同じメンバーであと2~3回、レース走りたいと思いました。

脚質によって、ペースアップしてスプリント勝負を避けたい人、スプリントに持ち込みたい人、その他いろいろな思惑が交錯してレースが進む。ほんと面白いレースでした。
まもるさんと一緒に同じレースを走れたというのが一番大きいけど、今までのこの種の短時間レースの中では一番楽しかったと思う。

50歳になったらオヤジカテゴリーで走るとか言うと、チームの若い人から、冗談で「年寄りクラスに逃げちゃダメです」とか「上級で走らないと反則です」とか言われることがありましたが、この年代の自転車競技ベテランな人たちだけのレースっていうのは、これはこれでかなり面白いと思いました。

表彰式。まもるさんはセオサイクルに気を遣ってジャージ着替え(笑)
29
私、3位なんですが、背が高いから2位に見えますね(笑)



10

22
41
55
07



その後は仲間のレースを観戦。
上級者クラスはやっぱりきつそうでした。
序盤からあぶくまサイクリングクラブのYくんが逃げ、そこにアスルさん、ハンさんなどが追いつき3~4名の逃げが発生し、集団と12~20秒程度でしばらくの間推移。
その後吸収と逃げの発生が繰り返されたけど最後はひとつの集団でスプリント。
我らがcofeeさん、終始良いポジションで最後が期待できそうでしたが、運悪く結果が出ず残念でした。
終始積極的だったあぶくまのYくんも自転車を抱えて走ってゴールしたところを見るとトラブルに巻き込まれた模様。
アスルさんの力戦、善戦が目立ってましたね。
セオレーシング勝利のための全力アシスト見事でした。

この手のレースには初挑戦のジャングルボスも初級者クラスで参加。
参加者の中でいろいろあったらしく、走行中に肩を脱臼。
根性でそのまま最後まで走りきりました。
しかし、ひどいことをする奴もいるもんだ。
脱臼はチーム内の整体師マスターEさんがその場で処置。

マスターEさんはスプリントでの位置取りで失敗して入賞できず。
スプリントの勢い、速度は入賞者たちと遜色なかったので、位置取りを間違えなければ次は入賞ですね。

緑ジャージで参戦したヤスさん、可愛い奥様と娘様に応援されて頑張ってましたが惜しくも入賞には届かず。
まぁでも、あんなかわいい娘さんの応援がある時点ですでに勝ち組です。

ムラさんもこの手のクリテリウム的なレースは初参戦なので、レース初級者で参加。
ヒルクライムではめっぽう強いムラさんなので期待がかかります。
でも、レース中、1/3くらい先頭牽いてた?最初の2周くらいは全牽きだった気がする。
33643744_2023891095_83large

Blancheジャージが集団を引き続けるのはチームメイトとしては良い絵なのですが、ちょっと心配。
でも、本人は涼しい顔してました。
最後は4位。本人は悔しかったようですが、立派な成績です。
初級者クラスだろうが、中・上級者クラスだろうが、自己申告制なんで入賞する人たちはみんなレベル高いんですよね。このレースには鉄車輪ジャージで鉄さんも走ってました。

今回は各クラスに仲間の参加が多くて見応えもありましたね。
応援もたくさんきてくれて、さおぱんださんの差し入れや師匠、ねえさんの撮影もありました。
Blancheってチームはほんと恵まれてます。


セオフェスの写真。
上級者、初級者、レース初参加あたり。仲間中心ですが無差別で撮ってます。
http://photozou.jp/photo/list/1001310/8055558

夜はN道場の打ち上げに参加。
少し適量を超えて飲んだみたいで、朝起きたら少し気持ち悪く頭痛も。
でも、ジテ通で汗をかいたらすっきり。
さぁ次に向けて練習開始。