Message body

今シーズン最後のレース、JCRC最終戦in NATS。 

シーズン中、風邪をひかないことが練習より大事と気を付けてきましたが、レース3日前から咳と鼻水で風邪の症状。 

これ以上悪化させないように注意してたら、熱などは出ず、鼻が詰まるだけでなんとか当日を迎える。 

レース出発前、鼻を広げるブリーズライトを装着してみたら、鼻が通った! 

これを付けたまま写真に写ると団子っ鼻になるんですが、鼻づまりでレース走るくらいなら団子っ鼻で結構♪ 

NATSのレースには出たことがないため試走はしっかりやりたい。ということで朝6時に家を出るが、途中で3本ロー
ラーを車に積んでいないことに気がつく。

 

普通ならそのまま向かってしまうところですが、気温も低くい上、3本ローラーはドナドナする話があり、試乗してもらう約束もあることから引き返して再出発。

結果的に到着は7:20頃。あまり良い場所には駐車できず。
 

自転車を組み立て、着替えて受け付けを済ませ、試走。10分強しか走れませんでした。その後、3本ローラーで体を温めて個人TT。とっても緊張します。
 

順番は前にHOWA RACINGnickさん、後ろには閃風脚のヒラノさん。タキサイクル朝練仲間に挟まれて、楽しく雑談していたらあっという間に自分の順番。
 

秒読みの後、スタート。

いきなりクリートはまらずオタオタ。

焦ればあせるほどはまらない。落ち着いてもう一度やり直してカチャリ。

そして走り出したら前輪ブレーキがホイールに擦ってシャーっと盛大な音・・・。右手をブレーキキャリパーに伸ばしてセンターに移動させて事なきを得る。

ここでも「あぁ~もうダメだぁ~」と思ったが、1回しかチャンスないので、気を取り直してダンシングでやっと加速開始、でも加速も中途半端なまま、すぐに1コーナー。
 

このコーナーはけっこうきつく、いちばん落車の多いところ。おっとっとと膨らみながらも失速しないように早めにペダリング開始。今年最後のレースで落車するのは残念なので、できるだけコーナリングでのリスクは取らず、コーナーの遅れは直線で帳尻合わせする方向で。
 

下総クリテのTTでは、チームメイトSらいさんのアドバイスで想定外の良いタイムが出たので、ここでの走り方もSらいさんのアドバイスには素直に従う。下りでは重いギアをごりごり回してスピードを上げる。直線最後のコーナー。ここも落車が多そうなところ。
 

アウトからインに切れ込んでコーナーをクリア。だけど、インに寄り切れず、膨らんでロス。その後は残った脚を使い切るようにクランクを回す脚に力を込める。最後の直線では腰を上げスタンディングでダッシュ。

最後はなかなかスピードが乗った状態でゴールラインを通過したような気がしますが、若干不完全燃焼気味。もう1周くらいしたかった。コーナーのライン取りとかも全然、適当で試走があまり出来なかったことを悔やみながらコースアウト。

 

その後、車に戻りBlancheのチームの旗やワンタッチタープを取りに行き、1コーナー先のワイズロードさんのとなりに陣地構築。

そんなことでバタバタしていたら放送で
TT
の順位発表があり、自分の名前が1位?で発表。

まじ?嘘?何かの間違いでしょ。と思いましたが、本部席に行ってリザルトを確認すると1位に自分の名前が!

勝てるはずがないと思っていた数人よりも自分の名前が上のほうにある!ちょっと狐につままれたような感じ。でも最高の気分!
 

その後、ほかのクラスに参加している仲間のレースを応援したり、写真撮影をしていると、個人TTのリザルトに修正があるとの放送!おぉ~やっぱり間違いか?

いや~3日天下ならぬ30分天下かよ~と嘆いていましたが、どうやら修正は上のほうではなかった模様でそのまま確定。
 
今年1番の大金星です。