自転車レース

埼玉県クリテリウム競技大会

行ってきました。今年最後のレース。
埼玉クリテ。
 
カテゴリーはなんと無謀にも登録者エリート。最上級のカテゴリーです。
本当はもうちょっと下のカテゴリーで走りたかったんですが、JCF登録しているので、登録者のカテゴリーしか受け付けてもらえず、登録者の中級その他はもう定員いっぱいになってて受付不可。
エントリー可は登録者ではエリートのみでした。それでエントリーした次第。
4戦で16,000円なら参加費も安いし。

申し込んだ後に、昨年の登録者エリートの顔ぶれを見たら、プロとか結構いるし、名前をwebや雑誌で見たことのある有名な方も少なくない。
あちゃー!これは失敗したか(汗)
ほんと、どうしようかと思ったけど、タキサイクルのM出さんに話をしたら、そういう強い人たちについていくだけでも、良い練習になるとのこと。
そして、今年の出走者リストが出たときに確認してみたら、ブリヂストンアンカーU23の選手が6名とか、VAX RACING2名とか、ほかにも自転車雑誌とかで見かける名前とか、たまにエンデューロなどでも見かける強豪実業団選手がわらわら(汗)
ということで、なんとかちぎれずに10周頑張ることを目標にする。

千葉県佐倉市の自宅を6:30頃出発し、途中コンビニやトイレ休憩も入れて8:30頃には到着。
2時間ほどですね。
 
スタート時間の15分ほど前に行ったら、もうかなり並んでいたので、スタートは真ん中より後ろから。
参加者数はDNSが何人いたかわかりませんが、出走者リストでは62名。

時間になってスタート。
たまたま、前も後ろもブリヂストンアンカーU23の選手に囲まれている感じ。
この人たちの後ろについていければベストなはず。ついて行ければですけど。
最初の1周は先導バイクを追い越さずにコースをほぼ一周する感じ。
コースはバックストレート区間がとても道が狭く、路面は荒れていて最悪。
タキサイクル朝練の3km周回でのバックストレートは、対向車が来てもトレイン組んだまますれ違い可能ですが、この行田のコースのバックストレートは道幅が狭く、実際には車は入ってきませんが、例えば対向車が来たら、田んぼに飛び込むか路肩に寄って止まらないと危ないくらい。そんな狭さ。
ブリヂストンアンカーU23の選手についていくはずが、彼らちゃんとコース知ってて、悪路に入る前にあっさりというか、あっという間に先頭のほうに行ってしまいました。

59

その上、路面のでこぼこをこの大会のためにアスファルトで補修したのかな?
ほんと、まあたらしい補修跡なんですが、なんて言うのかな。
施行が粗い?何かアスファルトと小石とか砂の量の配分を間違えたんじゃないかと思うほど、厳しい仕上がり。それとも、アスファルトを敷いたけど、ローラーで圧力かけなかったのかな。
黒いアスファルトで固めきれなかった小さな黒い小石みたいなものが、路面にいっぱい浮いており、滑って危ない危ない。私、ディープリムしかない男になっちゃっているんですが、ディープリムで横風に吹かれるだけで横滑りするくらいの危ない区間が400〜500mくらいかな。そのくらい続くんです。
ほんと、時間があったら竹箒で掃きたいくらい。

補修したばかりのアスファルトの上も危ないし、補修していない元々の路面も、小石が浮いていて危ない。
どっちかというと、補修していない場所のほうが安全そうな感じなので、どうしてもそこは一列棒状で通過することになるんですが、走っているうちにちぎれて落ちてきた選手や、ほかの下位カテゴリーの選手を追い越す必要があり、危ない場面が多かったです。
一度などは目の前で同じカテゴリーのかなり強そうな選手が、遅い選手を左から抜こうとして、遅い選手が左に寄ってきたので、田んぼに突っ込んじゃってました。
でも、さすがその選手、エリートですね。
田んぼに落ちても落車はせず、そのまま田んぼを少し走ってました。

そんな感じで狭い区間は一列棒状になるので、コーナーのたびにインターバルがかかってきついきつい。
そうこうしているうちに、ブリヂストンアンカーU23の選手6名が先頭で全員集合して、そこにチクリヒデの方かな?数名が混じった逃げ集団が出来上がる。ま、逃げというより、コーナーのたびに強烈なインターバルがかかるので、自然と中切れで集団が分断された感じ。

そこで、間は相当開いて、私は2番目の集団にいたので、なんとかブリヂストンアンカーU23に追いつくべく、バックストレートあたりから1kmくらい全力で牽いたんですが、無理でした。
それで頑張りすぎたので、後ろに下がったときに2番手の集団に付ききれず、下手すると今日のレースが終わりそうに(汗)
45

5〜6人の2番手集団を見送り、その後ろの3〜4人の3番手集団になんとか乗って、回復する。
時々、先頭集団や2番手集団から落ちてくる選手を吸収したりしていたら、2番手集団と無事合流。
これでできた追走集団には、エンデューロで圧倒的な強さを見せるあのHONDA R&Dの選手が2人いました。追走集団といっても、ブリヂストンアンカーU23が6名も揃った先頭には、到底追いつけない。
たぶん、全員でうまくローテーション回っても無理。

ということで、追走集団10名もいなかったかな。
そのくらいでローテーションしながら走る。

でもね〜厳しかったですよ。
コーナー多いし、みんなコーナー立ち上がりでインターバルかけたり、先頭交代して前に出た途端にがっつり踏む選手が多くて(汗)ま、これは練習じゃなくてレースなんで、当然なんですけどね。

もう、何度も何度も、「あ〜もー千切れようー」「もー無理〜」と思ったことか。
でも、ホームストレートに帰ってくると、Blanche埼玉支部のだわさんが、「拓海さん頑張って〜」と声援を送ってくれるので、千切れる訳にもいかず。
だわさん、ほんと、ありがとね♪

ほんと、こういうレースでは千切れて一人旅になると、途端にスピードは10km/hくらい落ちるし、寂しー感じになりますからね。老体にムチ打って頑張りました。

最後の1周くらいは2番手集団から千切れはじめた3名くらいでゴールまで。
最後は力を振り絞って、意味ないけどスプリント。もう力残ってなかったけど、最後まで出し切って終了。


 16
32
02

結果的に途中でおろされてDNFになることもなく完走♪
ツールド沖縄市民210kmじゃあるまいし、完走して喜んでよいものかどうかわかりませんが、自分的には合格点です(笑)
もう1周あったら一人旅になっていた可能性が高いけど、それは内緒。
順位は確認しませんでしたが、62人中、20位前後には入れたかも?
登録エリートに初挑戦してDNFになると、「まだエリートとかお呼びじゃないです」って後ろ指を指されかねないところでしたので、まー良かった良かった。

今回の順位はネットで公表されるまでわかりませんが、次回の目標は今回以上の順位でフィニッシュすること。
1回走って経験値は積めたけど、それはほかの皆さんも同じ。
でも、頑張ろう。


17
33
33

JCRC最終戦in NATS 2011 個人TT


Message body

今シーズン最後のレース、JCRC最終戦in NATS。 

シーズン中、風邪をひかないことが練習より大事と気を付けてきましたが、レース3日前から咳と鼻水で風邪の症状。 

これ以上悪化させないように注意してたら、熱などは出ず、鼻が詰まるだけでなんとか当日を迎える。 

レース出発前、鼻を広げるブリーズライトを装着してみたら、鼻が通った! 

これを付けたまま写真に写ると団子っ鼻になるんですが、鼻づまりでレース走るくらいなら団子っ鼻で結構♪ 

NATSのレースには出たことがないため試走はしっかりやりたい。ということで朝6時に家を出るが、途中で3本ロー
ラーを車に積んでいないことに気がつく。

 

普通ならそのまま向かってしまうところですが、気温も低くい上、3本ローラーはドナドナする話があり、試乗してもらう約束もあることから引き返して再出発。

結果的に到着は7:20頃。あまり良い場所には駐車できず。
 

自転車を組み立て、着替えて受け付けを済ませ、試走。10分強しか走れませんでした。その後、3本ローラーで体を温めて個人TT。とっても緊張します。
 

順番は前にHOWA RACINGnickさん、後ろには閃風脚のヒラノさん。タキサイクル朝練仲間に挟まれて、楽しく雑談していたらあっという間に自分の順番。
 

秒読みの後、スタート。

いきなりクリートはまらずオタオタ。

焦ればあせるほどはまらない。落ち着いてもう一度やり直してカチャリ。

そして走り出したら前輪ブレーキがホイールに擦ってシャーっと盛大な音・・・。右手をブレーキキャリパーに伸ばしてセンターに移動させて事なきを得る。

ここでも「あぁ~もうダメだぁ~」と思ったが、1回しかチャンスないので、気を取り直してダンシングでやっと加速開始、でも加速も中途半端なまま、すぐに1コーナー。
 

このコーナーはけっこうきつく、いちばん落車の多いところ。おっとっとと膨らみながらも失速しないように早めにペダリング開始。今年最後のレースで落車するのは残念なので、できるだけコーナリングでのリスクは取らず、コーナーの遅れは直線で帳尻合わせする方向で。
 

下総クリテのTTでは、チームメイトSらいさんのアドバイスで想定外の良いタイムが出たので、ここでの走り方もSらいさんのアドバイスには素直に従う。下りでは重いギアをごりごり回してスピードを上げる。直線最後のコーナー。ここも落車が多そうなところ。
 

アウトからインに切れ込んでコーナーをクリア。だけど、インに寄り切れず、膨らんでロス。その後は残った脚を使い切るようにクランクを回す脚に力を込める。最後の直線では腰を上げスタンディングでダッシュ。

最後はなかなかスピードが乗った状態でゴールラインを通過したような気がしますが、若干不完全燃焼気味。もう1周くらいしたかった。コーナーのライン取りとかも全然、適当で試走があまり出来なかったことを悔やみながらコースアウト。

 

その後、車に戻りBlancheのチームの旗やワンタッチタープを取りに行き、1コーナー先のワイズロードさんのとなりに陣地構築。

そんなことでバタバタしていたら放送で
TT
の順位発表があり、自分の名前が1位?で発表。

まじ?嘘?何かの間違いでしょ。と思いましたが、本部席に行ってリザルトを確認すると1位に自分の名前が!

勝てるはずがないと思っていた数人よりも自分の名前が上のほうにある!ちょっと狐につままれたような感じ。でも最高の気分!
 

その後、ほかのクラスに参加している仲間のレースを応援したり、写真撮影をしていると、個人TTのリザルトに修正があるとの放送!おぉ~やっぱり間違いか?

いや~3日天下ならぬ30分天下かよ~と嘆いていましたが、どうやら修正は上のほうではなかった模様でそのまま確定。
 
今年1番の大金星です。

 

 

 

記事検索
レースや練習の記事は、私の記憶を頼りに綴っています。全体が見えている訳でもありませんし、勘違い、記憶違いが相当あると思いますので、そのあたりは念頭に置いて読んで頂ければと思います。

また、思い出したことを追記したり修正することもあります。特に公開直後は多いかも。従って過去の記事も読み直したら少し変わっていることもあると思います。このあたりはこのブログの主目的が基本自分のための記録用ということでご容赦ください。

スポーツ自転車歴&入賞歴
※レース結果は個人戦の入賞分と納得いく結果のTT系のみ(笑)

2007年 5月
クロスバイク購入

2008年 8月
DEROSA
NeoPRIMATO購入

2009年 7月
ヒルクライム初挑戦

2009年11月
自転車通勤開始

2010年 3月
LOK586購入
タキサイクル朝練デビュー

2010年 7月
cannondale F8購入

2010年 8月
鎖骨骨折

2010年10月
朝練Bクラスデビュー

茂木4時間ソロ
529人中28位

2010年12月 
LOOK AL464P購入
セオフェス
初級者3位入賞
朝練Aクラスデビュー

2011年 6月
富士HC 1:13.12

2011年 7月 
cervelo P3購入

2011年 8月 
JCRC修善寺4位入賞
Dクラスへ

2011年 9月 
下総クリテTT5位入賞

2011年10月 
川崎マリンエンデューロ
2時間ソロ優勝

2011年11月 
JCRC西湖3位入賞
Cクラス昇級

トライザバンク境川
実車の部
1,000m 1:16
3,000m 4:00

2011年12月 
JCRC最終戦
in NATS
個人TT 1位

2012年 3月 
JCRC四日市
Cクラス1位 
Bクラスへ昇級

2012年 5月 
埼玉TT
マスターズ5位

2012年 6月 
富士HC 1:15.00

2012年 8月 
トライザバンク大宮
1000m 1:14.19
LOOK AL464P

湾岸タイムトライアル
優勝
Ave 54.20km/h
53秒140

2012年 9月
JCRC群馬
個人TT 1位

2012年10月
秋のしもふさクリテ
個人TT 1位
TIME 1:45.248
AVE 47.88km/h
スポーツⅡ 2位

千葉県民体育大会
1000mTT 3位
ケイリン 2位

JCRC西湖2012
Bクラス2位
Aクラスへ昇級

JCRC最終戦
in NATS
個人TT 1位
01:28.117

2013.02
明治神宮外苑マスターズTT
3位

2013.3
国営ひたち海浜公園杯
JCRC第1戦
Aクラス6位
Sクラスへ昇格

2013.5
春のしもふさクリテ
個人TT 1位
1分44秒993
AVE 48.00km/h

2013.5
タキサイクル大運動会
3.5H 100kmの部 3位

2013.06.23
千葉競輪場
1000mTT
1:13.08

2013.9.15
秋のしもふさクリテ
個人TT 1位
1分44秒618
AVE 48.17km/h
スポーツⅠ
優勝

2013.10.6
千葉県民体育大会
1000mTT 1位
ケイリン 1位

2013年
セオサイクルフェスティバル
シニア中上級
3位

2013年
JCRC最終戦inNATS
個人TT優勝
01:26.335
マスターズH 2位
オープンH 2位

2013.12.15
日本写真判定主催
自転車レース
250mTT 1位
1000mTT 1位
速度競争 1位

※※3年間お休み※※

2016年9月末
練習再開

2016年10月
PCGコーチング導入

2016年12月
JCRC最終戦in下総
M2クラス1位

その他入賞”圏外”多数(笑)
管理人へのメッセージ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 千葉競輪場を国際規格250mバンクにするアンケート
  • サイクリストウェルカムなフィットネスジムまもなくオープン
  • JCRC最終戦in下総運動公園
  • JCRC最終戦in下総運動公園
  • JCRC最終戦in下総運動公園
  • JCRC最終戦in下総運動公園


  • ライブドアブログ